愛染明王様

愛染明王様は、「愛」の文字から愛情(恋愛などの全ての愛)を表しています。また、「染」の文字から染物や洋服、着物を表しています。そのため、愛染を「藍に染める」という意味も持ち、織機で有名であった桐生には昔から多くのお参りがありました。

愛染明王様のお姿は、一面三目でお身体が赤色です。お身体が赤く輝いているのは、大愛と大慈悲とがその身体からあふれ出てことを表しています。五色の華鬘でお身体を荘厳するのは、五智如来の持つ大悲の徳を愛染明王もまたその身に兼ね備え、仁愛と知恵と勇気の三つの徳を表しています。両耳の横から伸びる天帯は、真理の教えを聞くことを表しています。

当山では、愛染明王様のお力を借りて恋愛成就、子宝安産祈願の祈祷を行っています。以下の写真は一例となります。
詳細については お問い合わせ ください。

 

 

関連記事

  1. 黄色い招き猫の画像です。
  2. 不動明王様の全体像の画像です。
  3. 光性寺オリジナルの御朱印帳
PAGE TOP