不動明王様

むかし、むかし、平安時代(1200年前)唐へ渡っていらした、えらいお坊さん(円珍)により京都で彫られました。おだやかで、親しみやすい、やさしく強いお姿です。日本に3体しかない大変珍しい木彫の仏像であり、近年、上野国立博物館で2年間調査、修復いたしました。

愛染明王様

愛染明王様は、「愛」の文字から愛情(恋愛などの全ての愛)を表しています。また、「染」の文字から染物や洋服、着物を表しています。そのため、愛染を「藍に染める」という意味も持ち、織機で有名であった桐生には昔から多くのお参りがありました。現在では、アパレル関係はもちろんのこと、恋愛成就を祈願する方も増えています。

招き猫

当寺は宝くじの総本山と称されています。また、現住職の修行した御誕生寺は猫寺として有名であります。宝くじ総本山としての光性寺、猫寺にて修行をしてきた現住職により祈祷された招き猫は福をたくさんもたらしてくれます。

なぜ、桐生にあるのでしょう?

むかし、天災と大飢饉が桐生近辺で起き、人々が不安を抱き暮らしていた中、
1人の尼さん(妙宏律師)が京都から不動明王様を背におんぶして歩いてお連れし、光性寺にまつられたそうです。
その不動明王像を周囲の人々がお参りし、しずめられました。

各ページ一覧

  1. 不動明王の御朱印帳の画像です。
    御朱印
    光性寺とは
    光性寺のある桐生市とは
  2. 不動明王様の全体像の画像です。
    不動明王様
    愛染明王様
  3. 黄色い招き猫の画像です。
    招き猫
    年に一度のご開帳
    お問い合わせ
PAGE TOP